1. HOME
  2. ブログ
  3. 人事・労務ほっとニュース
  4. 事務手続き
  5. 重要文書の保存期間について(1)

お役立ち情報

Information

事務手続き

重要文書の保存期間について(1)

人事・労務ほっとニュース
管理部門担当者の悩みの種といえば、どんどん増えていく書類とファイルの山ではないでしょうか。文書保存のルールがしっかりと決められている会社ならば、マニュアル通りの対応でOKなのですが、何から何まで任されている庶務担当者や経営者の皆さまは、「この書類はいつまで保管しておけばいいのだろうか?」と頭を悩ませたことが一度はあるはずです。

今回は、人事と労務に関する主な書類の保存期間を一覧にしました。
書類整理にお役立てください。

文書名保存期間起算となる日
雇用保険に関する書類
(雇用保険被保険者関係届出事務等代理人選任・解任届など)
2年完結した日
健康保険・厚生年金保険に関する書類
(被保険者取得確認および標準報酬決定通知書、標準報酬改定通知書など)
2年完結した日
労働者名簿3年死亡・退職・解雇の日
雇入れ・解雇・退職に関する書類3年退職・死亡の日
賃金その他労働関係の重要書類
(労働時間を記録するタイムカード、残業命令書、残業報告書など)
3年完結した日
労働保険に関する書類3年完結した日
労働保険の徴収・納付等の関係書類3年完結した日
派遣元管理台帳3年契約完了の日
派遣先管理台帳3年契約完了の日
雇用保険の被保険者に関する書類
(雇用保険被保険者資格取得等確認通知書、離職証明書の事業主控えなど)
4年完結した日
従業員の身元保証書、身元保証契約書5年作成した日
定款永久

よくお問い合わせを頂くのは出勤簿やタイムカードについてです。
出勤簿やタイムカード、それに伴う残業申請書などは3年間保管しましょう!

関連記事