就業規則・残業代問題・助成金のご相談は社会保険労務士法人ヒューマン・プライム|日本橋人形町

平成28年9月以降の厚生年金保険の改定事項まとめ

人事・労務ほっとニュース
平成28年9月以降に以下3点の厚生年金保険に関する改定が行われます。事務担当者の方は手続き漏れ等がないよう気を付けましょう。

1.28年9月分からの厚生年金保険料率改定

厚生年金保険の保険料率は、平成17年9月以降毎年9月に引上げられ、平成29年9月からは固定されます。(一般の被保険者は18.3%)
今回改定される保険料率は平成28年9月分(同年10月納付分)から平成29年8月分(同年9月納付分)までの適用となります。一般の被保険者であれば、現行17.828%から18.182%への改定となり、0.354%の増加になります。保険料は会社と被保険者で半分ずつ負担します。

9月分保険料を給与から控除する際は、必ず料率を変更するように気をつけましょう。また算定基礎届などの結果の反映も忘れずにしてください。

2.28年10月1日~ 厚生年金保険標準報酬月額の下限に新等級追加

現行の最低等級【第1等級:98,000円】の下に、【第1等級:88,000円】が追加され、計31等級となります。健康保険の最低等級【第1等級:58,000円】は変更ありません。
平成28年9月以降の厚生年金保険の改定事項

厚生年金保険の標準報酬月額の下限該当者の取扱いについて
平成28年9月30日以前から被保険者であり、改定後の第1等級に該当する方については、平成28年10月中に管轄の年金事務所より会社に「改定通知書」が届く予定となっています。通知書の見落としがないように気を付けましょう。※会社からの届出は不要です。

3.28年10月1日~ 短時間労働者の厚生年金保険・健康保険適用拡大

詳細は以前の記事をご覧ください。

ヒューマン・プライムでは、給与計算業務をはじめ、社会保険手続きの代行など、専門家・有資格者による法令に従ったサービスを提供しております。お気軽にお問合せください。
コンタクトフォーム

Return Top