就業規則・残業代問題・助成金のご相談は社会保険労務士法人ヒューマン・プライム|日本橋人形町

介護保険料、数年掛け実施。大企業の負担増、段階的に

4a9c2752411dc739f096476fc6a15e6c_s

 厚生労働省は14日、介護保険で40~64歳が負担する保険料の計算方法を見直して収入に応じた「総報酬割」の仕組みを導入する際、数年掛けて段階的に進める方向で検討に入った。急激な保険料アップを回避することで、影響を受ける大企業社員らが加入する健康保険組合の理解を求める考えだ。

 19日の社会保障審議会の部会で議論する。保険料は原則、企業と従業員が折半。経済界は「健保組合の加入者や企業にとって極めて重い負担」と総報酬割の実施そのものに強く反発しており、調整は難航しそうだ。

 40~64歳の介護保険料は現在、中小企業社員の負担が相対的に重いと指摘されている。

共同通信Webサイトより引用

Return Top