就業規則・残業代問題・助成金のご相談は社会保険労務士法人ヒューマン・プライム|日本橋人形町

配偶者控除150万円に引き上げへ。 高所得層は増税に

kakutei

自民党税制調査会は16日、パート主婦が年収103万円を超えても働きやすくするため、配偶者控除の年収上限を103万円から事実上引き上げる議論を本格化した。財務省が示した150万円まで引き上げる案などを検討する。減税枠を拡大する分は高所得世帯に配偶者控除の適用を制限する増税で財源を確保する。パート主婦減税を拡大すれば高所得者の増税世帯が増える構図だ。

2016/11/16 日本経済新聞Webより引用

配偶者控除は、配偶者の年収が103万円以下の場合、その家庭の主な稼ぎ手の収入から38万円を差し引いて、税負担を軽くする制度。収入が103万円を超えないよう調整するパート主婦らが多いと指摘されており、女性の就労を促進するため、政府・与党は年収上限引き上げによる控除対象の拡大を議論してきた。

2016/11/24 毎日新聞Webより引用

お気軽にお問い合わせください

Return Top