就業規則・残業代問題・助成金のご相談は社会保険労務士法人ヒューマン・プライム|日本橋人形町

協会けんぽ、保険料率10%で据え置き

中小企業の社員や家族らが加入する全国健康保険協会(協会けんぽ)は6日開いた運営委員会で、2017年度の保険料率を10.0%のまま据え置く方針を決めた。財政が好転して積立金が増えていることから引き下げを求める声もあったが、医療費の増加が今後も続くため、据え置きが妥当と判断した。

保険料は労使が折半して払う。協会けんぽの15年度決算は2453億円の黒字だった。加入者の増加で保険料収入が増えている。積み立てた準備金は1兆3100億円にのぼる。

日本経済新聞Web 2016/12/7より引用しました。

Return Top