就業規則・残業代問題・助成金のご相談は社会保険労務士法人ヒューマン・プライム|日本橋人形町

残業上限、経営に配慮を

厚生労働省検討会 論点整理案を提示

残業の上限規制について議論する厚生労働省の有識者検討会は23日、論点整理案を示した。同案では「一定期間内の総労働時間の枠」を定めつつ、企業の競争力強化や生産性向上との両立を図る必要があるとの認識を示した。「長時間労働が避けられない業種・職種への一定の配慮」を求めるなど企業経営への目配りを求める内容も盛り込んだ。

検討会は昨年9月に第1回の会合を開いた。上限規制の具体策を検討する働き方改革実現会議での議論に資するように、大学教員などの専門家を中心に望ましい規制のあり方を議論してきた。政府は2月にも上限規制の具体案を示す方針だ。
論点整理案では、長時間労働の是正が「仕事と家庭の両立や働く人の健康確保に重要」と指摘した。

日本経済新聞Web 2017年1月23日より引用しました。

Return Top