就業規則・残業代問題・助成金のご相談は社会保険労務士法人ヒューマン・プライム|日本橋人形町

残業上限「100時間未満」で決着

過重労働

残業上限「月100時間未満」 首相が「裁定」

政府が導入をめざす「残業時間の上限規制」をめぐり、安倍晋三首相は13日、経団連の榊原定征会長、連合の神津里季生会長と首相官邸で会談し、焦点だった「きわめて忙しい1カ月」の上限を「100時間未満」とするよう要請した。経団連は「100時間」、連合は「100時間未満」を主張して譲らずに対立が続いていたが、首相が連合の案に軍配を上げた形。経団連は首相の「裁定」を受け入れ、上限規制は決着する見通しだ。

朝日新聞デジタル 2017年3月13日付より引用しました。

残業上限 繁忙期は「100時間未満」 首相要請で労使決着

政府が進める働き方改革の柱である残業時間の上限規制を巡り、繁忙月に例外として認める残業を「100時間未満」とすることが固まった。安倍晋三首相が13日、首相官邸で経団連の榊原定征会長、連合の神津里季生会長と会談して要請。労使ともに受け入れる方針で、政府は月内に非正規の待遇改善策なども盛り込んだ実行計画を策定する。

日本経済新聞Web 2017年3月14日付より引用しました。

これで現状が変わると期待の声があがる一方、100時間では納得できない、残業時間に上限を設ければ問題が解決するわけではない、とも言われます。どこまで規制に実効性をもたせることができるかも今後の大きな課題です。

Return Top