就業規則・残業代問題・助成金のご相談は社会保険労務士法人ヒューマン・プライム|日本橋人形町

日本の年金制度のしくみ(2)

hot06

特別支給の老齢厚生年金の段階的廃止

平成25年4月から定年後に年金を受けられない人が出てきます
昭和16年4月1日以前生まれの男性、昭和21年4月1日以前生まれの女性については、要件を満たすことにより60歳~65歳になるまで「定額部分+報酬比例部分」の特別支給の老齢厚生年金が支給されていました。
roureinennkinn1-1
その後、平成6年改正により、60歳台前半は継続雇用や再雇用により賃金と年金を併せて生活設計する時期と位置づけ、定額部分の支給開始年齢を段階的に引き上げ、60歳~65際までは、報酬比例部分のみの老齢厚生年金(部分年金)を支給することとされました。
roureinennkinn2-1
roureinennkinn2-2
roureinennkinn2-3
roureinennkinn2-4
roureinennkinn2-5
さらにその後の平成12年改正では、少子高齢化の急速な進展と国民負担の上昇をかんがみて、報酬比例部分についても支給開始年齢を段階的に引き上げ、最終的には60歳台前半の老齢厚生年金はなくなり、完全に65歳から老齢基礎年金と老齢厚生年金を受給するという形になります。
roureinennkinn3-1
roureinennkinn3-2
roureinennkinn3-3
roureinennkinn3-4
roureinennkinn3-5
現在は平成6年改正の完成型【図②-5】の段階まで来ており、いよいよ来年、平成25年4月1日から報酬比例部分の段階的引き上げが始まります。(女性は5年遅れ)これにより60歳から支給開始年齢まで「無年金」となる人が出てき始めるのです。

※昭和28年4月2日生まれの人が60歳に達する日は、誕生日の前日である平成25年4月1日です。(年齢計算に関する法律 より)

Return Top