就業規則・残業代問題・助成金のご相談は社会保険労務士法人ヒューマン・プライム|日本橋人形町

厚労省の男性職員、育休取得率34.6%

厚労省の男性職員、育休取得率34.6% 16年度過去最高

厚生労働省は2016年度の男性職員の育児休業の取得率が34.6%(暫定値)となった。取得状況をまとめ始めてから、過去最高の水準だ。

日本では男性の育休取得率は低く、全体では3.16%。政府は20年までに13%を目指しているが、達成は見通せない。厚労省の担当者は「上司が積極的に男性に育休取得を勧めることで、取りやすい雰囲気を職場でつくるのが大切だ」と話す。

日本経済新聞Web 2017年7月13日付より引用、抜粋しました。

Return Top