就業規則・残業代問題・助成金のご相談は社会保険労務士法人ヒューマン・プライム|日本橋人形町

H26年10月1日~ 育児休業給付金の支給要件が変更

人事・労務ほっとニュース
育児休業期間中に就業した場合の取り扱いが平成26年10月1日より変わります。
具体的には、従前の育児休業給付金制度では、支給単位期間に11日以上就業した場合、給付金は支給されませんでした。ところが、平成26年10月1日以降の最初の支給単位期間からは、支給単位期間中に10日を超える就業をした場合でも、就業していると認められる時間が80時間以下であれば育児休業給付が支給されることになります!
変更に伴い、申請書の様式も時間を記入できる様式に変更となります。また、時間の証明のために下記の書類も必要となりますので、管轄のハローワークへ事前にご確認ください。

【添付資料】
・タイムカード
・賃金台帳
・「就業規則」など就業時間や休憩時間が分かるもの 等

※注意:各支給単位期間に支払われた賃金と育児休業給付金の合計額が休業開始前の賃金の80%を超える場合は支給額が減額されます。また、賃金だけで「休業開始時賃金日額×支給日数」の80%以上となる場合は、給付金は支給されません。

【支給単位期間の支給額】 休業開始時賃金日額×支給日数×50%
平成26年4月1日以降に開始した育児休業については、育児休業開始後180日目まで67%

育児休業がますます取得しやすくなりますね。担当者の方は常に最新の情報に注意しておきましょう。ご質問などお気軽にどうぞ。

Return Top