就業規則・残業代問題・助成金のご相談は社会保険労務士法人ヒューマン・プライム|日本橋人形町

長時間労働撲滅対策はヒューマン・プライムにお任せ!

長時間労働をめぐる世間の動向

2015年12月、広告代理店最大手の新入社員が過労で自殺、後に労災認定され、違法残業の常態化発覚が、世間を動かす大きなきっかけとなりました。その結果、幹部社員が労働基準法違反の疑いで書類送検、企業は罰金を支払う事態となったことはご存知の通りです。

高まる”ブラック企業”批判

数年前から「長時間労働をさせる会社はブラック企業」と世間から厳しい声が上がり、「残業は悪である」との風潮も高まってきました。厚生労働省は2015年に過重労働撲滅特別対策半(かとく)を設置、大手量販店などの違法残業が立件されています。

国が進める働き方改革実行計画にも「かつてのモーレツ社員という考え方が否定される日本にしていく」との記述もあり、今後の法整備により、罰則付きで残業規制が強化されいくことでしょう。

なぜ長時間労働はいけないのか

その主な理由として

過重労働による健康障害
疲労蓄積による生産性の低下
安全配慮義務違反
優秀な人材の獲得、定着が困難

などが挙げられます。

労働時間を適性に把握、管理するために


労働時間を把握出来ていなければ労基法の義務を果たせません。
企業は労働時間を正確に把握する義務を負っています。
厚生労働省でも『労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン』(労働時間ガイドライン)を策定し、原則として2つの方法を挙げています。

使用者が、自ら現認することにより確認し、適正に記録する
タイムカード、ICカード、パソコンの使用時間の記録等の客観的な記録を基礎として確認し、適正に記録する

ヒューマン・プライムではこれらの方法を実施する際に留意すべきポイントや、企業の実状に則った具体的な管理方法をご提案、サポートします。労働時間の管理に必要な法律知識についてもわかりやすく解説いたします。

現状の労働時間管理体制をチェックされたい方、労働時間管理方法を見直したい方は、お気軽にお問い合わせください。
労働時間管理に関するお問い合わせはこちら


Return Top