就業規則・残業代問題・助成金のご相談は社会保険労務士法人ヒューマン・プライム|日本橋人形町

副業認める就業規則 厚労省がモデル改正案

副業を認める就業規則。厚生労働省がモデル改正案

厚生労働省は20日、企業が就業規則を制定する際のひな型となる「モデル就業規則」について、副業を認める内容に改正する案を有識者検討会に提示した。現在は原則禁止としているが、事前に届け出を行うことを前提に副業ができると明記した。中小企業のなかには自社の就業規則にモデル就業規則を転用する場合も多く、一定の普及効果を見込む。

日本経済新聞Web 2017年11月20日付より引用しました。

政府の「働き方改革の実行計画」では、副業・兼業の推進を掲げています。モデル就業規則は2017年度中に改正されるとのことです。

Return Top