就業規則・残業代問題・助成金のご相談は社会保険労務士法人ヒューマン・プライム|日本橋人形町

将来にツケを回さないために。国民皆保険を守るための取捨 

砂上の安心網 2030年への責任

国民皆保険とは、すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度のことです。

病気やけがをしても実際の治療費の1~3割のお金を支払えば誰でも治療を受けられる。取材班も「当たり前」と思っていた国民皆保険制度は瀕死(ひんし)の状態に陥っている。

15年度に健康保険の対象となった医療費は年約42兆円。このうち患者の負担は1割強で済んでいるが、残りは主に働き手が負担する保険料と国や地方の税金で賄っている。年数千億~1兆円近く増え続けており、働き手の負担増や国などの税収増には限りがある。

日本経済新聞 電子版 2017年12月5日付より引用しました。

Return Top