就業規則・残業代問題・助成金のご相談は社会保険労務士法人ヒューマン・プライム|日本橋人形町

厚生年金保険の適用事務が変更となりました!

人事・労務ほっとニュース
平成27年10月1日から共済年金が厚生年金に統合(被用者年金制度の一元化)されることにより、以下の事務手続きが一部変更となります!該当となる場合には、手続き漏れがないよう注意しましょう 🙂

[1] 昭和12年4月1日以前に生まれた方の手続き
今までは「70歳以上被用者該当届」の提出が不要とされていましたが、10/1より賃金と年金額に応じた在職支給停止(在職老齢年金)の対象となるため、提出が必要となりました。

[2] 同月中に資格取得・喪失した方の手続き
今までは同月内に取得と喪失した場合、「厚生年金保険料」と「国民年金保険料」を納付することとされていましたが、10/1より厚生年金保険料の納付は不要となり、国民年金保険料のみ納付となりました。

[3] 共済組合等加入中に養育特例に該当する子の養育を開始していた方の手続き
養育開始日が10/1以降であって、共済組合等の加入期間中に3歳未満の子の養育を開始していた人が、転職等により厚生年金の種別が変更となった場合でも養育特例に該当することとされました。

詳しくは日本年金機構:平成27年10月に改正する適用事務のお知らせをご覧ください。

Return Top