就業規則・残業代問題・助成金のご相談は社会保険労務士法人ヒューマン・プライム|日本橋人形町

在宅勤務、3割が導入

在宅勤務、3割が導入。総労働時間は2年連続で減少

日本経済新聞社がまとめた「スマートワーク経営調査」では、回答企業(602社)の35%が在宅勤務を導入していると回答した。育児や介護をしながら働く人が増えるなか、社員がライフスタイルに合った場所で働くことで生産性を高めようとする企業が目立つ。

また

働く人一人ひとりの生産性を上げるには、長時間労働の是正が欠かせない。回答企業の2016年度の年間総労働時間は15年度比1%減の平均1995時間と、2年連続で減少している。

2017年12月17日付 日本経済新聞Webより引用しました。

Return Top