就業規則・残業代問題・助成金のご相談は社会保険労務士法人ヒューマン・プライム|日本橋人形町

雇用継続給付申請をする際の個人番号の取扱いについて

人事・労務ほっとニュース
平成28年2月16日より、事業主等が雇用保険継続給付の申請を行う場合の個人番号の取扱いが変更になりました。雇用保険法施行規則の一部を改正する省令が、平成28年2月16日に施行され、雇用継続給付の申請は原則として、事業主を経由することになります。(原則なので本人が提出する事も可能です)

これにより申請を行う事業主等は、番号法上では個人番号関係事務実施者※1 として取扱うこととなり、事業主が申請を行う場合、事業主番号確認・身元確認※2 を行うため、申請先のハローワークへ代理権の確認書類や、個人番号確認書類の提出の必要がなくなります。

詳しい情報、Q&Aなどはハローワークインターネットサービスの資料をご参照下さい。

※1 個人番号関係事務実施者とは・・・マイナンバーを記載する事務を個人情報関系事務、その実施者である企業は個人番号関係事務実施者となります。
※2 番号確認・身元確認とは・・・番号確認(正しい番号であることの確認)、身元確認(番号の正しい持ち主である事の確認)。確認方法の例としては、マイナンバーカード、通知カード+免許証などがあります。
より詳しい方法につきましては、「内閣官房 本人確認の措置について」をご参照下さい。

Return Top