就業規則・残業代問題・助成金のご相談は社会保険労務士法人ヒューマン・プライム|日本橋人形町

1月の完全失業率2.4% 24年9カ月ぶり低水準

完全雇用状態続く

総務省が2日公表した労働力調査によると1月の完全失業率(季節調整値)は2.4%で1993年4月以来24年9カ月ぶりの低い水準となった。雇用環境の改善で失業者が減った。前月比0.3ポイント低下の大幅な改善になったことについて総務省は大雪なども影響した可能性を示唆。厚生労働省が同日発表した1月の有効求人倍率(季節調整値)は前月と同水準の1.59倍だった。

日本経済新聞Web 2018年3月2日付より引用しました。

将来の人手不足を見越して長期間雇える正社員の雇用を増やす企業も多く、正社員の有効求人倍率は依然、高水準です。

Return Top