就業規則・残業代問題・助成金のご相談は社会保険労務士法人ヒューマン・プライム|日本橋人形町

長時間労働の是正 企業の重要な経営課題

働き方改革の課題:長時間労働の是正

日本の労働者1人当たりの生産性は、2016年で経済協力開発機構(OECD)に加盟する35カ国中21位にとどまる。先進7カ国では最下位だ。中でもホワイトカラーの生産性の低さが指摘される。海外に比べ、長時間の会議や会議の資料作りなど直接は付加価値を生まない仕事が多いためだ。

多くの雇用を抱える流通サービス業もデフレ下で価格競争が激しく、人件費を抑えるために長時間労働などで働き手の負荷が増す例が目立っていた。

日本経済新聞Web 2018年3月9日付「きょうのことば」より引用しました。

Return Top