就業規則・残業代問題・助成金のご相談は社会保険労務士法人ヒューマン・プライム|日本橋人形町

どこからパワハラ? 厚労省など、基準絞り込み

「業務の適正な範囲」を超えたかどうか

職務上の地位を乱用して部下に苦痛を与えるパワーハラスメント。仕事上の命令と見分けが難しく線引きが曖昧だったが、厚生労働省の検討会などが基準の絞り込みに乗り出している。民事裁判でも判決が相次ぎ、どんな言動が適正範囲を超えると判断されるのか、事例が積み上がってきた。

労働局への相談で最も多い「いじめ・いやがらせ」。16年度には7万件を超え、5年連続でトップとなる異常さだ。しかしどの線を越すとパワハラなのか。重要なのはその基準だ。

日本経済新聞WEB 2018年5月18日付より引用しました。

Return Top