就業規則・残業代問題・助成金のご相談は社会保険労務士法人ヒューマン・プライム|日本橋人形町

定年後再雇用、格差を容認

最高裁初判断、一部手当不支給は違法

こちらの紹介記事の事案に判決が出ましたので、ご報告いたします。

正社員と非正規社員の待遇格差を巡る2件の訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(山本庸幸裁判長)は1日、定年退職後の再雇用などで待遇に差が出ること自体は不合理ではないと判断した。その上で各賃金項目の趣旨を個別に検討し、両訴訟で一部手当の不支給は「不合理で違法」として損害賠償を命じた。

日本経済新聞Web 2018年6月2日付より引用しました。

Return Top