就業規則・残業代問題・助成金のご相談は社会保険労務士法人ヒューマン・プライム|日本橋人形町

最低賃金、3年連続20円超上げへ

但し、主要国にはなお見劣り

厚生労働省は今秋の最低賃金の見直しに向けた議論を26日から始める。全国平均で時給848円という今の水準を引き上げる方向で、上げ幅は3年続けて20円を超す見通しだ。政府が目指す全国平均1000円に向けて前進するが、それでも日本の最低賃金は主要国の水準を下回り、引き上げペースも鈍い。

日本経済新聞Web 2018年6月21日付より引用しました。

こうした賃上げの流れは中小企業の人件費負担増に繋がっていきます。まずは企業の労働生産性を高めることが重要です。

Return Top