就業規則・残業代問題・助成金のご相談は社会保険労務士法人ヒューマン・プライム|日本橋人形町

人事制度導入支援サービス

人事制度とは、企業から社員へのメッセージです。

人事評価制度チャレンジパック『経営理念の実現の担い手である従業員への期待像を示し、その期待像に近づけるように人材育成を行い、その人の仕事ぶりにふさわしい処遇を行うためのしくみ』
それら全体を指すのが人事制度です。
会社の目指す姿とそこで働く人たちに対する「経営者の熱い思い」をカタチにしたものであり、まさに基本的な経営戦略のひとつです。

したがって、自社にフィットした人事制度を作ることはもちろん、それがしっかり定着して効果を発揮するように、制度の運用に力を入れることがとても重要です。ヒューマン・プライムのコンサルティング・サービスは、「人事制度によって従業員の行動を変える、会社を変える」ことを目標とした、実効性のある戦略的な人事制度づくりとその運用を強力にサポートします。

人事評価制度の設計

人事評価制度の目的を「査定」だと考えると、さまざまな不都合に気がつきます。結果を査定に直結させるほど、人事評価は厳密なものではありません。
人事評価制度の目的はあくまでも経営理念の実現に必要な「人材の育成」と考えるべきです。育成の手がかりを得るために、職務行動の観察を通じて、その人に対する「期待像」と「いまの状態」との差異を把握するために行われるのが人事評価です。
ヒューマン・プライムでは人事評価制度導入の前提となる等級制度の設計や、人材育成のために非常に重要な意味をもつ評価項目の策定をはじめ、人事評価制度全体の設計について経験と理論に基づいたコンサルティングを行います。

報酬制度(賃金・賞与・退職金)の設計

報酬を決定する基準には、仕事の内容、仕事の成果、本人の持つ能力、行動特性などから年齢、勤続年数、家族構成までさまざまな視点があります。会社が目指すところや職種、組織での役割などに応じていろいろな選択肢が考えられますから、最適な組み合わせを考えることが大切です。
また、人事評価の結果を、どんな方法でどの程度報酬に反映させるかということも、従業員のモチベーションを左右する重要なポイントとなります。会社にとって適正な人件費率や、気になる世間相場も考慮し、ベストな報酬制度の設計のお手伝いをします。

人事制度の円滑な運用の支援

人事制度は、関わる人みんながその目的を理解し、うまく運用して効果が発揮されてこそ導入した意味があります。そのためには、制度づくりと同じくらい運用にも力を注ぐことが大切です。これを怠ると従業員がついて来なくなり、すぐに制度は形骸化してしまいます。
ヒューマン・プライムでは、人事制度の設計はもちろんのこと、運用開始後の制度のメンテナンスや、従業員(特に人事評価者である管理職)への教育研修などを通じ、制度が定着するまでをサポートします。
また、現在すでに導入されている人事制度の適合性診断や、運用上のアドバイスも行います。

目標管理(MBO)の導入・活性化

「組織の発展」と「個人の成長」を同時に達成しようとする目標管理は多くの企業で導入されていますが、うまく運用できていないケースが多いようです。いわゆる成果主義での業績評価のツールとして目標管理を使うと、本来の機能を発揮しないばかりか、運用上の無理もたくさん出てきます。『目標管理は仕事の進め方のひとつである』という原点に立ち返り、制度設計やリニューアルのお手伝いをします。また、目標管理の運用には絶対に欠かすことができない従業員研修にも実績があります。

介護施設の人事労務管理

介護業界では、介護職員の離職率の高さが課題となっています。仕事の内容の割には報酬水準が低いことも原因のひとつですが、そんな中でも職員が定着していきいきと働いているところがたくさんあります。人材マネジメントがきちんとできているか、いないかが離職率にも大きく影響しています。
介護施設の人事・労務管理
ヒューマン・プライムでは、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護付有料老人ホームなどの介護施設の人事制度づくりや職員への教育研修をはじめ、労働条件の改善など人事労務管理全般のコンサルティングに実績があります。特に、「介護職員処遇改善交付金」の申請要件にキャリア・パスの構築が加えられたこともありますので、この機会に人材育成の観点から人事制度を見直してみることをお勧めします。

企業に合ったコンサルティングサービスの特徴とは

単なる「査定」のためだけの人事評価制度や、世間の流行に合わせるだけの賃金制度、定型的なパッケージを使った制度づくりなどは一切しません。人事制度はそれぞれの経営者の思いが込められた「経営理念」を実現するためのものです。すべてオーダーメイドでなくてはなりません。ヒューマン・プライムはお客様の会社にフィットする人事制度を、丁寧なコンサルティングによってお客様とともに作り上げていきます。

人事コンサルティングを専業とする、経験豊富なコンサルタントが最初から最後まで責任を持って担当します。人事制度を作ったらそれでおしまいではなく、うまく運用するためのお手伝いもします。特に制度運用の担い手である管理職への教育研修を重要視しています。
コンサルタントは社会保険労務士の資格も持っており、コンプライアンス(法令の遵守)や従業員の権利にも、充分に配慮した人事制度づくりを行います。

これまでの人事制度構築・導入コンサルティングの実績

業種は、不動産業、製造業、化学工業、住宅販売業、リサイクル業、自動車販売業、介護施設、病院、特殊法人などさまざまで、規模も従業員数10名ほどから1000人規模の東証1部上場企業までと、多くのケースについてコンサルティング実績があります。

  • 人事制度の導入を機会に、経営理念の重要性を再認識することができた。
  • 会社が求める人材像を示すことが育成の第一歩であると実感できた。
  • 評価の基準が明確になったので、従業員からの評判がよい。
  • 上司と部下の定期的な面接があるので、コミュニケーションがよくなった。
  • 目標管理の導入で、中・長期の経営計画や全社目標・部署目標に力を入れるようになった。
  • 目標を立て、それを達成するという仕事の流れが職場にも個人にも定着した。
  • 賞与と退職金を基本給から切り離したので、それぞれの制度の目的が明確にできた。

コンサルティングの報酬

コンサルタントの想定稼働時間をベースに決まります。たとえば人事評価制度の設計であっても、等級・職種の数、従業員数、コンサルタントが関与する範囲や程度によって報酬は変わります。ご参考までに過去の実例を掲げます。

人事評価制度、報酬制度全体の設計 従業員数 250人 期間1年 総額360万円
従業員数 60人 期間6ヶ月 総額150万円
退職金制度の設計 従業員数 800人 期間4ヶ月 総額250万円
人事評価制度の設計
※社内プロジェクト会議(月2回)でのアドバイスのみ
従業員数 100人 期間6ヶ月 総額90万円

コンタクトフォーム

Return Top