就業規則・残業代問題・助成金のご相談は社会保険労務士法人ヒューマン・プライム|日本橋人形町

英語版 就業規則作成サービス

多発傾向の労務トラブルに対応できるよう就業規則を整備

労働市場のグローバル化に伴い、中小企業においても外国人の雇用は年々増加しております。そのため英文による就業規則の必要性も高まって参りました。
外国人労働者といえども、日本国内での労働については国内法が適用されます。日本語だけの就業規則では労使お互いの理解が進まず、トラブルに発展するリスクも高くなるでしょう。このような日本語の理解が不十分な外国人社員とのトラブルを防ぐためにも、英訳された就業規則が必要となります。
217842
また、外資系企業におきましては、本社との意思疎通のためにも就業規則を英語で作成する必要性があります。従業員を雇用したら、必ず就業規則の作成・届出をしなくてななりません。就業規則の作成は専門家におまかせください。

労働環境の変化に対応した就業規則を!

多様化する就労形態に対応できる就業規則が不可欠です。ヒューマン・プライムでは、労働基準法その他の労働法制に適した就業規則を作成し、それに基づいた英語版の就業規則を提供いたします

英語版就業規則作成サービスの流れ

英語版就業規則
基本的な所要日数:約2ヶ月 概算費用:250,000円~(税別)

就業規則のサンプル

日本語版就業規則(例)
第1条 目的
本就業規則(以下「本規則」という)は、○○○○○株式会社(以下「会社」という)の従業員の権利及び義務を明確にするために制定する。
2.本規則に特に定めない事項については、労働基準法その他適用法規に従う。
3.会社及び従業員は本規則を遵守し、会社の発展のために互いに協力・努力しなくてはならない。

第2条 従業員の定義
本規則における「従業員」とは次の形態にて雇用される者をいう。
(1)正規従業員
(2)契約社員
(3)パートタイム従業員

第3条 適用範囲
この規則は前条で定義され、第2章で定める手続きにより採用された従業員に適用する。ただし、個別の労働契約書および労働条件通知書等(以下個別契約書という)により明示する労働条件が優先する。

第4条 従業員の基本的権利
従業員は、性別、人種、宗教、政治信念その他の理由により差別的待遇を受けることはない。
2.従業員に本規則と異なる待遇を適用することはない。

英語版就業規則(例)
RULES OF EMPLOYMENT
Article 1 Purpose
1 These rules of employment (hereinafter the “Rules”) of Corporation (hereinafter the “Company”) are intended to clarity the rights and duties of the employee.
2 Any matter which is not expressly provided for in the Rules shall be governed by the Labor Standards Law and other applicable laws and regulations.
3 The Company and the employees shall observe the Rules of Employment and will cooperate and endeavor to achieve the advancement of the Company.

Article 2 Term of Employee
The term “employee” as used In the Rules shall mean all the persons who are employed by the Company as follows:
(1) Employee employed permanently
(2) Contract employee
(3) Part-time employee

Article 3 (Scope of Application)
These Rules apply to employees who are defined in the preceding article and employed according to the procedure defined in Chapter 2. However, conditions of employment stipulated in separate work contract and/or notice of work conditions (hereinafter Individual Contract) take preference over these Rules.

Article 4 Basic Rights of Employee
1 No differential treatment shall be applied to employee due to sex, race, religious or political belief and other reasons.
2 No treatment different from the Rules shall be applied to employee.

コンタクトフォーム

Return Top