1. HOME
  2. 業務のご案内
  3. パワハラ防止対策サポート
  4. 今すぐ知っておきたい STOP!パワハラ

パワハラ防止対策サポート

パワハラ防止対策サポート

今すぐ知っておきたい STOP!パワハラ


2020年6月(中小企業は2022年4月) パワーハラスメントについて規定した改正労働施策総合推進法が施行され、法対応に追われる人事労務担当者はたいへん多いと思われます。 対策を考える上で、

「どんな対策を行えば防止できるのか」
「他社の防止対策とはどういった内容か?」
「パワハラの定義とはそもそも何か」

といった、疑問や不安を抱えている?も多いのではないでしょうか。ヒューマン・プライムでは、パワハラ防止の方針を記した就業規則の改訂や、各種相談窓口対応など、企業側のパワハラ防止法対策をサポートいたします。

パワハラ防止法対策を怠ると是正指導の対象となる場合があります。

ご注意ください。パワハラは民事訴訟や刑事訴訟に発展するリスクもあり、社内規定に則って適切に対応することが大切です。問題が起こる前にパワハラへの対応方針を社内で定め、それを労働者の文章化して従業員へも周知していきましょう。

以下の3つの要素をすべて満たすものはパワハラと定義されます。

優越的な関係を背景とした言動 労働者の就業環境を害する

業務上必要かつ相当な範囲を超えたもの 具体的には下記のような行為です。

ハラスメントの内容

職場でのパワハラ経験があると答える⼈は3 割以上!!早急な対策が必要です。

ハラスメント体験者
職場のパワーハラスメントによる悪い影響や損失を回避するため、既に多くの企業がパワーハラスメントの予防・解決に向けた各種取り組みを実施しています。

社労⼠にパワハラ防⽌法対策を依頼するとメリットがたくさん!!

社労士に依頼するメリット

  • 法改正に合わせて常にアップデート。いつも最新の就業規則でいられます
  • 相談窓口や社内研修を任せることで人事労務担当者の業務が効率アップします
  • 自社のルールを客観的に判断出来ます
  • 定期的な繰り返しの社内研修で、従業員の意識をブラッシュアップします
  • 社外の人間が関わることで、意識が変わりパワハラ抑制に繋がります

まだ間に合います︕⼀緒にパワハラ防⽌対策始めましょう。パワハラ防⽌法対策はヒューマン・プライムにご相談ください。

お問い合わせ・資料請求