就業規則・残業代問題・助成金のご相談は社会保険労務士法人ヒューマン・プライム|日本橋人形町

高年齢者の雇用について考えよう

高年齢労働者に対する「安全配慮義務」ほか

企業の安全配慮義務というのは、従業員が安全・健康に働き続けるために課せられている義務のことをいいます。
20代の若手社員と、高年齢労働者では、安全配慮義務に違いがあるのか? というと、まったく同じです。
高年齢者だからといって、「仕方ない」で終わることはありません。
「体力が落ちてきている」「病気を抱えながら働いてもらう」となると、企業として配慮すべきポイントが多くなることは容易に想像できるでしょう。

gooニュース 2019年2月22日付けより引用しました。

仕事への意欲が高い高年齢者の方は増えており、今後は高年齢者を含めた労働環境を考えていかなければならない企業が増えていくと思います。

Return Top