就業規則・残業代問題・助成金のご相談は社会保険労務士法人ヒューマン・プライム|日本橋人形町

平成29年10月1日から変わること

人事・労務ほっとニュース
平成29年10月に実施される主な制度変更のうち、私たちの暮らしに影響を与える事項についてご案内致します。

1.厚生年金保険料率が引き上げとなります

厚生年金保険料率は平成29年9月分から0.118%引き上げとなり、保険料率は18.3%となります。(保険料は会社と被保険者で半分ずつ負担します。)
尚、年金制度改正に基づき平成16年から毎年段階的に引き上げられてきた厚生年金保険料率は 18.3%で固定され、今年で引上げが終了となります。給与計算の際は、料率の変更を忘れないように気を付けましょう。また、算定基礎届の結果の反映もお忘れなく!!
 

2.育児・介護休業法が改正されます

子が1歳6ヶ月に達する日の翌日(1歳6ヶ月となった日)において、保育所等に入れない等の場合に、育児休業期間を最長2歳まで延長できるようになります。

小学校就学の始期に達するまでの子を養育する労働者が、育児に関する目的(配偶者出産休暇、入園式、卒園式等の子の行事参加のための休暇など)で利用できる休暇制度を設けるよう、事業主に対する努力義務ができました。
 
労働者またはその配偶者が妊娠・出産したことを知った場合や、労働者が介護していることを知った場合に、当該労働者に対し個別に育児休業・介護休業等に関する制度を周知するよう、事業主に対する努力義務ができました。

3.最低賃金額が改定されます

都道府県ごとに定められている地域別最低賃金が改定されました。すべての都道府県で22円~26円の引上げとなっています。改定日は9月30日以降、各都道府県ごとに異なります。
  

詳しくは、厚生労働者関係の主な制度変更(平成29年10月)についてをご覧ください。

Return Top