就業規則・残業代問題・助成金のご相談は社会保険労務士法人ヒューマン・プライム|日本橋人形町

10月は年次有給休暇取得促進期間です

人事・労務ほっとニュース
厚生労働省では10月を「年次有給休暇取得促進期間」と定めています。
題して仕事休もっ化計画

  • 計画その1:仕事と生活の調和のために、計画的に年次有給休暇を取ろう
  • 計画その2:土日・祝日にプラスワン休暇して、連続休暇にしよう
  • 計画その3:話し合いの機会をつくり、年次有給休暇を取りやすい会社にしよう

このような期間を設けている背景には、日本の年次有給休暇の取得率の低さにあり、平成27年の年次有給休暇の取得率は48.7%と5割を下回っています。
平成28年に実施された「労働時間等の設定の改善を通じた「仕事と生活の調和」の実現及び特別な休暇制度の普及促進に関する意識調査」では、年次有給休暇の取得へのためらいを感じる21.9%、ややためらいを感じる41.9%とおよそ6割の労働者が年次有給休暇の取得にためらいを感じているそうです。
また、ためらいを感じる理由として約7割の労働者が「みんなに迷惑がかかると感じるから」という理由でした。

このような実態を受けて厚生労働省では、『年次有給休暇は、労働基準法で定められた労働者に与えられた権利であること』、『休暇の取得が必要な理由』、『休暇取得に向けた環境作りへの取り組み』、『年次有給休暇の計画的付与制度の活用』などについて、専用サイトを設けて周知を図っています。

年次有給休暇の取りやすい環境は、会社のイメージアップにも繋がりますし、仕事の生産性の向上、優秀な人材の確保にも繋がるという、まさに良いこと尽くめです。
会社も労働者も気持ちよく年次有給休暇が取れるよう、日頃から社内の風通しを良くしておくことが非常に重要だと思います。

Return Top