就業規則・残業代問題・助成金のご相談は社会保険労務士法人ヒューマン・プライム|日本橋人形町

社会保障費伸び、4800億円弱に抑制へ

来年度の社会保障予算の伸びについて、政府最終調整へ

政府は、6千億円と見込む来年度の社会保障予算の伸びについて、4800億円弱に抑制する方向で最終調整に入った。

薬の公定価格「薬価」の引き下げ(500億円超)、40~64歳で所得の高い人たちが払う介護保険料の段階的引き上げ(約550億円)、生活保護の段階的引き下げ(約30億円)などで抑制する。

財政再建の観点から社会保障費の伸びの抑制は、来年度予算編成の焦点になっていた。6300億~6700億円の伸びを見込んだ2016~18年度は、年5千億円程度に抑制した。

ライブドアニュース 2018年12月13日付けより引用しました。

Return Top