就業規則・残業代問題・助成金のご相談は社会保険労務士法人ヒューマン・プライム|日本橋人形町

プレミアムフライデーが始まりました!

人事・労務ほっとニュース
「月末の金曜日は、ちょっと豊かに。」
本日2017年2月24日(金)からプレミアムフライデーが始まりました。ここ最近急によく耳にするようになったプレミアムフライデー。今年の流行語大賞にノミネートされそうな気もします。

そもそもプレミアムフライデーとは何でしょうか?
以下、経済産業省ホームページより抜粋

1.プレミアムフライデーとは
個人が幸せや楽しさを感じられる体験(買物や家族との外食、観光等)や、そのための時間の創出を促すことで、
(1) 充実感・満足感を実感できる生活スタイルの変革への機会になる
(2) 地域等のコミュニティ機能強化や一体感の醸成につながる
(3)(単なる安売りではなく)デフレ的傾向を変えていくきっかけとなる
といった効果につなげていく取組です。
2. プレミアムフライデーの実施方針
(1) 実施時期:平成29年2月24日(金)2回目以降も「月末」の金曜日を軸に実施
(2) 実施主体:買物・観光・ボランティア・家族との時間など、多くの方が「生活の豊かさ」や「幸せ」を感じられるよう、付随する商品・サービス、イベントなどを地域・コミュニティ・企業等で検討
(3) 対象地域・業種:全国各地で、業種にとらわれずに実施
(4) 実施期間:金曜日を核とし、金曜日から日曜日の3日間とするなど、柔軟に設定

以上。
具体的なものは実施時期だけで、全体的にフワッとした印象ですね。メディアの報道を総括すると「月末の金曜日は午後3時に退社」というイメージを受け取られている方も多いのではないでしょうか?

経団連の取り組みを見てみますと、企業代表者に向けて、

  • プレミアムフライデー当日の半日有給休暇(全日・時間単位を含む)の取得促進
  • 終業時間の前倒し
  • フレックスタイム制の活用等
  • 社員の皆様が月末金曜日の午後は定時より早めに、できれば遅くとも午後3時までに仕事を終えられるよう推進

プレミアムフライデー需要を見込んだホテル・旅行業・飲食店・デパートなどのサービスは続々と増えているようです。ただし、まだ実際にプレミアムフライデーを導入した企業はごく一部の大企業だけです。今後は中小企業にも広がり、定着していくのか、動向を見守っていきたいと思います。

もう今頃(2月24日17:00)丸の内や新宿、渋谷はプレミアムフライデー人口(!?)でにぎわっているのでしょうか? 景気回復に一石を投じることになるのか、気になるところです。

Return Top