就業規則・残業代問題・助成金のご相談は社会保険労務士法人ヒューマン・プライム|日本橋人形町

資格取得時の本人確認事務が変わります

人事・労務ほっとニュース
日本年金機構から「資格取得時の本人確認事務の変更のお願い」というお知らせが出ています。資格取得届を提出するときなど、「基礎年金番号」を確認できない場合は、運転免許証などで本人確認をすることになっていましたが、それに加えて住所の確認が必要となりましたので、ご注意ください。これは、マイナンバー(個人番号)の導入に向けた取り組みで、新規に基礎年金番号を付番する際に、住民票コードを収録するためとのことです。

基礎年金番号が確認できない

運転免許証などで本人確認(確認は必要ですが、備考欄へ記入は省略可)

住民票上の住所以外に郵便物の届くところの有無を確認

【なし】被保険者住所欄に住民票上の住所を記入
【あり】被保険者住所欄に郵便物の届く住所を記入。備考欄に住民票上の住所を記入

「資格取得届」と「年金手帳再交付申請書」を併せて提出

以下、日本年金機構の案内文のポイントです。

  • 基礎年金番号を事業主が確認できない場合は、本人確認のうえ記入された住民票上の住所をもとに日本年金機構で住民基本台帳ネットワークシステムへ本人照会をし、確認をします。
  • 日本年金機構で本人確認ができなかった場合、資格取得届等を一旦返却し、健康保険被保険者証の交付はできません。

今後は、基礎年金番号が確認できないときの取扱いに要注意ですね!

Return Top