就業規則・残業代問題・助成金のご相談は社会保険労務士法人ヒューマン・プライム|日本橋人形町

協会けんぽ 平成30年度被扶養者資格再確認について

人事・労務ほっとニュース
協会けんぽから、平成30年6月上旬より順次「被扶養者状況リスト」及び「マイナンバー確認リスト」が発送されます。(事業主宛)
これは、高齢者医療制度における納付金及び保険給付の適正化を目的に、健康保険の被扶養者となっている方の現在の状況を確認するため、毎年度実施されています。

尚、平成30年度は上記に加え、被扶養者と70歳以上の被保険者のうち、協会けんぽが管理している基本情報と住民票の情報が相違している等の理由から、マイナンバーの確認が出来ない方については、マイナンバーの確認作業が同時に実施されます。

確認の対象となる方

「被扶養者状況リスト」
・平成30年4月1日において、18歳以上の被扶養者
 ※被扶養者が上記に該当しない場合は、再確認の必要がありませんので被扶養者リストは送られません。

「マイナンバー確認リスト」
・被扶養者及び70歳以上の被保険者のうち、マイナンバーが未登録となっている方
 ※マイナンバーが未登録となっている方がいない場合にはマイナンバーリストは送られません。

平成29年度 被扶養者資格再確認の実績

  • 削除人数:約76,000人
  • 高齢者医療制度への負担軽減額:約18.4億円

被扶養者から除かれた主な削除理由は?

  • 就職したが、削除する届出を日本年金機構へ提出していなかった
  • 収入超過によるもの など

このように、二重加入による削除の届出漏れが多く見受けられています。

高齢者の医療費は、本人負担によるほか、税金、協会けんぽ、健康組合、国民健康保険 制度から拠出されていますが、協会けんぽ等からの納付金は、原則として加入者の人数(被保険者+被扶養者)に応じて算出されますので、健康保険の被扶養者から削除しなけ ばならない方の届出を行っていないと、その被扶養者の方分についても、納付金額に追加 され、私たちの保険料負担も増えることになります。

被扶養者でなくなったら速やかに届出を行うようにしましょう!!保険証は「貸与物」です。貰えるものではありません。借りているものは不要になったら 必ず返しましょう。

Return Top