就業規則・残業代問題・助成金のご相談は社会保険労務士法人ヒューマン・プライム|日本橋人形町

厚生年金加入者が増加 短時間・シニアらに適用拡大

月収要件緩和の方向へ

厚生年金の適用事業所や被保険者数が増えている。被保険者の数は2018年6月時点で3989万人となり、1年前に比べて76万人増加、2年前より218万人の大幅なプラスになった。国民年金の被保険者は減少しているものの、厚生年金の人数は増えており、年金制度全体ではほぼ横ばいとなっている。

増加の要因は「60歳以上のシニア世代とパート女性の加入」とニッセイ基礎研究所の中嶋邦夫主任研究員は指摘する。中でも60~69歳は14年の公的年金の財政検証で作成された加入者見通しを最も大きく上回っている年齢層だという。国は高齢者や女性の就労を促しており、その結果が人数に表れた。企業の間で人手不足感が強まっているのも追い風だろう。

日本経済新聞Web 2018年11月3日付けより引用しました。

Return Top