就業規則・残業代問題・助成金のご相談は社会保険労務士法人ヒューマン・プライム|日本橋人形町

定年再雇用後の給料、2~5割減が大勢

再雇用後の給料、給付金で補う

幸子 実際、定年後の再雇用で賃金を減らすことが「『同一労働同一賃金』の原則に反するのではないか」として裁判で争われたことがあるなど、正社員のときと再雇用の後で待遇に差が出ることへの問題意識は高まっているのは確かよ。ところで、賃金が定年前に比べて大幅に減った人には給付金が支給されることは知ってた?

 賃金が減ったら給付金がもらえるの?

NIKKEI STYLE 2019年4月7日付けより引用しました。

高年齢雇用継続給付金は、60歳以後で75%未満に下がった賃金に対して最大15%まで給付金が65歳まで受け取れます。給付金で毎月数万円でも下がった分を補填するのは貴重ですよね。

Return Top